Dentro l'Italiano 4.0
 
イタリア語の学習がもっと簡単に
外国人向けイタリア語コース
cDIDAEL
 
"Dentro l'Italiano"は、2002年にLABEL EUROPEO(ヨーロッパ・ラベル)より最優秀賞を授与しました。
Versione inglese Versione francese Versione tedesca Versione spagnola Versione portoghese Versione svedese Versione russa
Versione bulgara Versione rumena Versione serba Versione araba Versione cinese Versione giapponese
 
 Italiano L2  


学習対象者
Dentro l'Italiano 4.0 は、イタリア語を第二ヶ国語として学習する全ての方々を対象としています。またDentro l'Italiano Online 4.0 は、授業にデジタル技術(例えば CILS, CELI, ELE.IT 等の資格取得)を取り入れるとこをお考えの語学教師や講師をも対象としており、順応性のある完成された教材としてご利用頂けます。

目的
Dentro l'Italiano 4.0 は、学習者がイタリア語の基本レベルまた上級レベルの文章構造を理解し、自信をもって会話や書き取りができ、語学的に独り立ちできることを目的としています。またコースの中にはシチュエーション、読解、ビデオ、文化内容など一目で分かりやすい色々なアプローチを取り揃えているので、イタリア文化(料理、芸術、音楽、ファッション)の生き生きとした環境が体験できます。ここに提供された語学教材は、ヨーロッパ議会の コモン・ヨーロピアン・フレームワーク の基準に基づいています。

コースの内容としくみ
この語学コース バージョン4.0は、利用者各自の語学経験に順応し、一人一人の要望に応えられるよう、ハイレベルな順応性を特徴とする最新のテクノロジーと構成システムを取り入れました。また内容もより幅広い分野にわたり、更に充実しています。

Dentro l’Italiano 4.0の主な特徴は以下の通りです。:  

お好みによってグラフィックシステムの使用、不使用が選択できます。
設計システムが随時機能しているので、既に使用可能な言語に加え、新たな言語のリクエストに即座にお応えします。
・母音や子音の発音、またテキスト内の言葉の発音を練習しながら、自分の声を録音し、聞くことができます。
マルチメディアの内容に、フォトやスライドショー形式の新しい画像を追加。ユーザのインターネット接続の性能に対応したレベルのオーディオ、ビデオ機能がご利用になれます。
関連資料の表には、コモン・ヨーロピアン・フレームワーク(A1, A2, B1, B2, C1, C2)によって定められたそれぞれの語学レベルに達成するために必要な全てのリソースが、各レベルのレッスンに加えて表示されています。
「文法」は、「一般目次」または「機能別目次」から検索でき、自己学習の教材としてご利用頂けます。
映像を取り入れた音声なので、母音や子音の発音がより理解しやすくなっています。
順応性があり即時検索可能な語彙の学習に関する教材(特に熟語辞典)は、言葉の意味を理解するだけではなく、具体的なシチュエーションの理解にも役立ちます。
ビジュアル辞典では、直接イメージを連想しながら新しい言葉が学べます。
各レッスンに、多分野(芸術、音楽、料理、ファッション)にわたったイタリア文化に触れることの出来る新しいコーナー「知識を深めよう」が加わりました。
音楽解説には、歌の作曲者の紹介や歌詞の意味が記載されています。


この語学コースは4つのレベル(初心者、初級、中級、上級)に分かれており、全108課(学習時間370時間)によって構成されています。.
また各レベルにはシチュエーション、朗読、文法と3つの新しい授業タイプがあります。各コースから学習に役立つ創造性に溢れたゲームコーナーにアクセスできます。また各々のコースから以下の三つの授業タイプが選択できます。一つは、社会生活の中で最もよく出てくる場面に基づくシチュエーションコース、また様々な物語やその話の内容を分析する朗読コース、そして会話の最も基本的な表現に基づいて構成されている文法コースです。.
各課にはテキストとダイアローグが紹介されており、口頭、読み書きを含めて約2,550の練習問題があります。この練習は実力を高めることを目的に31種類のビデオ映像も含めて合計6,500語が使用されています。.
各課は、幅広いイタリア歌曲集の中から選曲した「主題歌」で始まり、流れる歌のテキストまたダイアローグを隠すかあるいは画面に表示しながら聞くことが出来ます。語彙については、用語集やオートマチック辞書が備わっており語尾変化や分法的分類が表示されています(ピザのl’Iistituto di Linguistica Computazionale del CNR〈CNR電算機処理語学協会〉の協力で作成)。また日常会話に最もよく使われる慣用句や成句的表現を記した熟語辞典も、とても便利です。学習をより充実させるため、オリジナルなビデオを使用した、会話力を高める効果のあるインターアクティブなマルチメディア形式の練習があります。この練習の中では、さらに語学や文化の知識を深める課題を取り扱っており、理解力を強化するための効果的なテクニックを数多く提供しています。.

Dentro l'Italiano Online 4.0は、数多くの知識を理解し覚え、そして身につけるまでに必要な時間をよく考慮し、各レベルに分かれたコースを提供していることが特徴となっています。特に初心者レベルでは、全くの初心者を対象に、最も簡単な会話ができるよう基本的な語学的要素が順序よく学べます。初級レベルでは、語学の基本的要素の復習をしながら日常生活で最もよく出てくる状況に対応できることを目標に学習します。中級レベルでは、イタリアの生活や文化を紹介しながら複雑な文章構成の学習をし、イタリア語を自由に使えるよう語学力を高めます。上級レベルは、イタリア語の知識がある程度あり、それをよりマスターしようとする方を対象にし、イタリアの文化知識をさらに深めるほか、ビジネスや社会生活に最もよくでてくるシチュエーションに自身を持って対応できるよう学習します。学習に役立つゲームは、新たに語彙を増やし文章構成力を高めることを目的としています。ゲーム(「Cerca Parole(言葉さがし)」、「Hangman(ハングマン)」、「Associazione(連想ゲーム)」、「Chi e(誰だ)」、「Gioco del 15(15のゲーム)」は、テーマを定め、範囲を限定することによって解答しやすくしています。.

語学コースは、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、ブルガリア語、セルビア語、スウェーデン語、アラブ語、日本語のバージョンがあり、現在中国語版も準備中です。.

Didaelの製品は、供給システムに順応性があることを特徴としており、Dentro l'Italiano 4.0 は、E-Learningシステムの Dentro l'Italiano w.l.e. 内でもご利用頂けます。ここでは、相互協力による通信サービスの利用が可能なほか、E-learningの専門家 (技術 / 教育ヘルプデスク、個人教師、教授、エキスパート、著作家) で構成されたアシスタンスが質問に答えたり、助言を与えてくれます。

Didaelは、コース選択テストによって学習者のレベルを評価するアセスメント・サービスも行っています。

テクノロジー
Dentro l'Italiano 4.0は、JavaやマクロメディアFlashに連結されたXML/XSLテクノロジーを利用して実現されました。

必要なシステム構成
-- インターネット接続(28,000bpsまたはそれ以上)
-- Java対応可能なブラウザ(MSインターネット・エクスプローラー4、ネットスケープ4またはそれ以上)
-- このサイトをご覧になるためにはJava Sonicsとマクロメディアのフラッシュプレーヤーのプラグインが必要です(ダウンロードのリンクはページ内にあります)。


 
 
プリント用PDF
  詳しい説明はここをクリック
  Demo
  To buy
 
「ヒューマン・タッチ」形式での説明
 
 
 
 
 
「アニメーション」形式での説明
 
 
 
 
 
練習問題の例
 
 
 
 
 
発音練習の例
 
 
 
 
 
知識を深めよう」の例